Menu

土壌地下水汚染の未然防止のススメ

土壌・地下水汚染防止ソリューション

土壌・地下水汚染防止ソリューション
【概要】

改正水質汚濁防止法に適した対策を、貴社の状況に合わせ当社の豊富な経験と実績からご提案致します。

【特徴】

1)地下浸透を防止するため、コンクリート床面の皮膜をプロが選定し施工

2)漏洩検知を様々な方式の中から、最適案をご提案

3)配管や側溝からの漏れ管理が出来る構造をご提案

4)劣化診断(配管、水槽、貯槽)の実施

5)定期点検の項目や頻度などをアドバイス(点検の委託も承ります。)

6)土壌汚染調査を行い、更なる汚染拡大の防止処置をご提案

■ 改正水濁法ポイント1>
施設等の構造基準適合対策の実施(既存設備は3年間の猶予期間あり

■ 改正水濁法ポイント2>
定期点検(漏洩、設備の亀裂等)の実施、記録、保存の義務

■ 改正水濁法ポイント3>
届出義務(有害物質の貯蔵指定施設及び使用特定施設)

カタログを見る

製品・技術に関するお問合わせ、カタログダウンロードはこちらから。 カタログダウンロード >  お問い合わせ >